ベーシスト事典/Bassist Encyclopedia

Vol.06 レイニー加藤さん 『ベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。』

Vol.06 レイニー加藤さん 『ベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。』

第六回目のゲストは、チャック・レイニーとは古くから親交のある、レイニー加藤さんをお迎えしました。

2014 10/6 @銀座 エフ・ディ・エス

プロのベーシストになった頃のレイニー加藤さんと、その後のキャリア。

1953年7月18日。兵庫県尼崎市生まれ。17才、高校生の頃に1つ年下の増田俊郎とロックバンドを組み、そこで始めてベースを持つ。他にギターの大谷博彦なども在籍していた。(増田俊郎は自身のバンド「シェリフ」を結成。現在も関西で活動中。また関西ラジオのパーソナリティーとして、数多くの番組に出演中。)(大谷博彦もバンド解散後、新たにバンド「シーザリアン・オペレーション」を結成する。このバンドはヤマハ主催のロックコンサート「88 Rock day」にも出演。その後もサディスティック・ミカバンド、ダウンタウンタウンブギヴギバンド、安全バンド、桑名正博、館ひろし&クールズ、モップスなどとも共演。大阪厚生年金 大ホールに来日したロビン・トロワーの前座も務め、現在も活躍中。)

72年、19才になると「New Bell」と言うソウルバンドに在籍。メンバーはハモンドオルガンにボビー原、ギター北原亜紀良、ドラムス浅川ジュン。関西に数多くある、ディスコハウスに出演。当時のソウル、ディスコの名曲を演奏する。その後、拾得や磔磔にも出演するようになる。

このバンドで3年ほど活動した後の75年に、大上留利子が在籍していたバンド「スターキング・デリシャス」を解散し、新たに結成したバンド「スパニッシュ・ハーレム」に加入する。メンバーは仲豊男(Gt)、高橋イタル(Keyb)、松田俊一(Kyeb)、小林謙治(Dr)他。このバンドで2枚のアルバムを残す。

『ドリーマー・フロム・ウエスト(78)』アレンジを鈴木茂のバンド、ハックル・バックでキーボードを弾いていた佐藤博が担当。サイドミュージシャンは村上秀一、林立夫、松原正樹、山岸潤史、斎藤ノブ他。

『ええ歌ばっか(79)』加藤和彦プロデュース。作家陣に宇崎竜童、大野克夫、西岡恭蔵×KURO他、豪華作家陣を揃える。

『ドリーマー・フロム・ウエスト』(78年)

『ドリーマー・フロム・ウエスト』(78年)

『ええ歌ばっか』(79年)

『ええ歌ばっか』(79年)

その後も関西で、数々のバンドに参加した後、30才になった83年に上京。ブレッド&バターから声をかけられ、ラッツ&スター、他などのサポートを経験する。また東京のライブハウスにも頻繁に出演するようになると、六本木ピットイン、ジロキチなどで、数多くのミュージシャンと知り合い、セッションを積み重ねていく。今剛、松原正樹を始め、ナニワ・エクスプレスのキーボード中村建治、大谷レイブン、是永巧一等、関西と東京のミュージシャンとのセッションを重ねる。他にも佐橋佳幸、上原ユカリ、島村英二、エルトン永田大槻啓之など、そうそうたるメンバーとのセッションも行う。98年、自身の店、SOUL BAR『Rainey’s』を自由が丘で始める。

同年、プレイヤーズに参加していたボブ斉藤、若い頃からCharとも親交のある、Kaz(カズ)南沢の3人でバンドを結成する。この3人が母体となり、翌99年頃よりRainey’s Bandとして活動を始める。

03年、彼らの1枚目のアルバムを、ライブアルバムとしてリリース。『Rainey’s Band Live at R’s Artcourt(03)』メンバーは前述の3人、加藤、南沢、斉藤の他、ギター西山 Hank 史生、キーボード エルトン永田、ドラム Jr 豊田、パーカッション 竹本一匹、コーラス 杉本和世、三松亜美。  

04年には、この時の映像もDVDで出す。

06年になると、初のスタジオ録音をリリース。『patience and forgiveness(06)』 録音参加メンバーはRainey’s Bandの3人の他に、今剛(Gt)、西山 Hank 史生(Gt)、松下誠(Gt)、庄司厚人(Gt)、石坂和弘(Gt)、エルトン永田(Key)、醍醐弘美(Key)、KOTEZ(Harp)、島村英二(Dr)、正木五郎(Dr)、鎌田清(dr)、嶋田吉隆(Dr)、山田智之(Per)、竹本一匹(Per)、三松亜美(Cho)、杉本和世(Cho)。

08年、スタジオ盤としては2枚目、通算3枚目をリリース。メンバーは2枚目のメンバーの他、マサ小浜(Gt)、小林信吾(Key)、友成好宏(Key)、Mac清水(Per)などが新たに参加。現在もこのRainey’s Bandでの活動の他、高橋マコト、大槻啓之、鈴木桃子、国岡真由美、藤原美穂、小林エミ、Keiko Walker、皇甫純圭、MUSUMI、中村哲、石黒彰、中島オバヲ、上原ユカリ他と、精力的にライブを行い、活躍を続けている。

dvd_1

20141217100542

20141217100513

(写真提供;株式会社アイノア)

当時使用していた楽器をお聞かせ下さい。また今使用している楽器についてもお聞かせ下さい。

二十歳の頃に買ったやつで、今日持って来たこのベース。72年のフェンダープレシジョンベース。最初はボディーの色が黒のメイプルネックだったんだ けど、チャックに憧れてブルーに変えたのよ。(笑)この後、今はもう手元には無いけど72年サンバーストのジャズベースがあった。次も、もう持っていない けど、ナチュラルでメイプルネックのミュージックマンかな。いわゆるスティングレイベース。どちらも22〜23才の頃だから、75〜6年あたりだね。

Vol.06 レイニー加藤さん 『ベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。』

95年に80年製の白いプレシジョンベースを手に入れました。と言ってもこれはVintageシリーズで、64年 Vintage Precision仕様になっているやつ 。ネックはこの頃の特徴で、薄く平たいスラブ張りのネック、作りが丁寧な1本ですね。

その次がRainey’s Bandを始める頃だから98年あたりだね。59年のフェンダープレシジョンベースを買ったんだよね。これが今でもメインのベース。サンバーストでローズウッドのスラブネック。翌年99年に、66年のテレキャスターベースを購入。色はナチュラルでネックはメープル。00年には65年、赤のジャズベースを手に入れてね、ネックはローズで太め。どうやらネックは太めが好きみたい(笑)

このあたりの4〜5年は良く楽器を買っていたね。あとギブソンもあって、64年のEB—2D。これいい音、しますよ。もう一つ、変わったところではDobro Bassも持っていますよ。これ持っている人は、少ないんじゃないかな。こうやって見てみると、自分の持っているベースは偏っているなぁ(笑)

これらのベースはレイニー加藤さんのHPで見る事が出来ます

http://raineykato.com/basses.html

72年のフェンダープレシジョンベース  (3)

64年 Vintage Precision (80年製)  (2)

59年フェンダープレシジョンベース  (1)

66年フェンダーテレキャスターベース  (4)

65年フェンダージャズベース  (5)

64年ギブソンEB—2D  (6)

Dobro Bass  (10)

(他にも数本所有。番号は加藤さんの、サイト内の写真番号)

Fender 1972 Precision

Fender 1972 Precision

最初にご自身が参加されたアルバムで、想い入れのあるのは何でしょうか?

『Rainey’s Band Live at R’s Artcourt』(03年)

『Rainey’s Band Live at R’s Artcourt』(03年)

スパニッシュ・ハーレムのも良いんだけど、やっぱり自分がやっているバンドが良いよね。『Rainey’s Band Live at R’s Artcourt(03)』ソウルの名曲とカズのオリジナルが入っているアルバム。しかもこれはライブだしね。 

ありがとうございます。ではここからはチャック・レイニーについてお聞かせください。レイニー加藤さんが初めて聴いたチャック・レイニーの音が入ったアルバムはどれなのか、お聞かせ下さい

これですね。「Junior Parker」の『You Don’t Have To Be Black To Love The Blues(70)』ともう1枚、同じく「Junior Parker」の『Love Ain’t Nothin’ But A Business Goin’ On(70)』。まず東京の人は聞いてないかな。かなり前にCDで再発されたんだけど、今はもう無くてね。市場では10万円するみたいよ! この2枚は、本当に良く聞いた。

Vol.06 レイニー加藤さん 『ベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。』

『You Don’t Have To Be Black To Love The Blues』(70年)

『You Don’t Have To Be Black To Love The Blues』(70年)

『Love Ain’t Nothin’ But A Business Goin’ On』(70年)

『Love Ain’t Nothin’ But A Business Goin’ On』(70年)

加藤さんらしいアルバムを選んでいらっしゃいますね。その後、チャック・レイニーが参加しているアルバムを聴いて、印象に残っているアルバムは何ですか?

『I Want You』(76年)

『I Want You』(76年)

やっぱりあれかな、「Marvin Gaye」『I Want You(76)』。あと「Leon Ware」『Musical Massage(76)』。この2枚は同じ時期だね。あと、こっちの方が先に聞いたのがあって、「Cornell Dupree」『Teasin’(73)』。他には「Aretha Franklin」の『Rock Steady』が入っているアルバム『Young, Gifted And Black(71)』だね。

『Musical Massage』(76年)

『Musical Massage』(76年)

『Teasin’』(73年)

『Teasin’』(73年)

『Young, Gifted And Black』(71年)

『Young, Gifted And Black』(71年)

レイニー加藤さんはそれらのアルバムを聴いたとき、チャックさんのプレイをどのように思われましたか?

やっぱりグルーヴがね、半端ないって事だね。それと音使いのセンスの良さがね、素晴らしかった。3度や7thの使い方が今までになかったからね。有名なダブルストップ(チャック・レイニーの有名なフレーズ。和音を用いた奏法)にしたってそうだけど、他のベーシストとは全く違ったものに聞こえたからね。グルーヴがドォーンって来るべーシストはいたんだけど、それに音使いのセンスが伴ったベーシストは初めてだったんですよ。

僕はチャックと同じ、「King Curtis」のバンド出身のベーシスト、Jerry Jemmottも好きなんだけど、彼より都会派で繊細って感じでしたね。

これはチャックから聞いたんだけど、Mongo Santamaríaって言うコンガ奏者がいて、コンガで指を滑らせて音を出す奏法があるんだけど、それを見てチャックが「ベースでも出来る!」と思って編み出したらしいんだよね(笑)

それまで、その音を出すのを見た事がなかったんで、チャックに「あの音はどうやっているの?」って教えて貰った事があるんだけど、あれは指でタッピングして、スライドさせて音を出していたんだよね。プーン、プーンって。あれはビックリした。あの音は、かなり前の60年代後半からやっていたってことだよね。だからそこにチャックの、どんな時でも「いつでもクリエイティブでありたい」と言う姿勢が、ベーシストとして名前が出始めた時代から出ているんだよね。5弦や6弦を使い始めたのもそう言う事なんだろうね。

チャック・レイニーがいつも言っているんですが、「すべての始まりは、加藤から始まった。」と仰っているんですが、その時の経緯をお聞かせ願えますか。

最初に会ったのは、僕がやっていた自由が丘の店に来た時でね。ちょうど東京のブルーノートで、ハービー・マンと一緒に来日した時だね。でその時にお店の名刺を渡したのね。そしたら、いきなり二日後の夜11時頃にまた来てくれたのね。チャックたちのライブが終わってからだと思う。こっちもライブやっている店 なんで、ちょうどその時『What’s Goin’ On』演奏している時で、チャックがすぐそばに座って、じっと見ているの。こっちは生きた心地がしなくて。(笑)人生で一番焦った。でもそこからチャック との付き合いが始まったんで、もう15年以上になるんだね。

Vol.06 レイニー加藤さん 『ベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。』

毎年チャックが来る毎に宴会をやるんだけど、すごくジェントルマンだね。深酒はしないし、僕の友達からサインを頼まれても、全然嫌な顔一つしないで応じてくれるし。だいぶ前に来た時、「娘に着物を買ってあげたい」って言ったので、一緒に探したりね。やっぱり優しい人だよ、チャック・レイニー。あと、また音楽の話になっちゃうんだけど、さっき言ったようにベーシストで7thをあんなに上手く取り入れたのはチャックが最初じゃないかな。根底にBluesがあるミュージシャンは好きだし、リスペクト出来るって言ってたね。そして絶対に人の事を悪く言わないの。こんなところも、やっぱりジェントルマンだね。

大変貴重なお話、ありがとうございました。では最後になりますが、チャックさんに一言、お願いします。

今度ベースを教えてください。手取り足取り(笑)そして飲みに行って楽しい時間を過ごしましょう。健康には気をつけてくださいね。


19 1月 2015