ベーシスト事典/Bassist Encyclopedia

ベーシスト事典/Bassist Encyclopedia Vol.03 松原秀樹

Vol.03 松原秀樹さん 『チャックの音を初めて聴いたとき、「え!なんだ このゴムみたいなバウンスしているのは!」って思ったんです。』

第三回目のゲストは、目下大活躍中の松原秀樹さんをお迎えしました。
2014 4/8 @銀座エフ・ディ・エス

プロのベーシストになった頃の松原秀樹さんと、その後のキャリア。

1961年11月2日、大阪住吉区生まれ。1973年、小学校6年の時に「プリンアンドキャシーのテレビテレビ」(よみうりTV)のパクパクコンテストに出場し、初代チャンピオンになりレギュラーとなる。その事でジャニーズにスカウトされ、翌74年、中1の時に東京へ向かう。

76年、後に野村義男の「Goodbye」にも在籍する曽我泰久(ヤッチン。 現;曾我泰久)と「リトルギャング」でデビュー。シングル2枚をRCA から出す。『アイ・ラブ・ユー』『恋はチクチク』(プロデューサーは小杉理宇造)

その後メンバー2人を加え、「ギャングス」となり、ジャンケンで負けた事がベースを持つきっかけとなる。メンバーは同じく曽我泰久(g)、スクエアーに在籍する事となる長谷部徹(dr)、他。 役者志望だった松原氏はオーデションを受け、78年「ゆうひが丘の総理大臣」(日テレ)にレギュラー出演。中村雅俊とも交流する。

80年「ギャングス」にヴォーカルともう1人ギターを更に加え「ANKH」(アンク)と言うバンドを結成する。FOUR LIFE RECORDからシングル3枚とアルバム『First Wave』をリリースする。このアルバム制作時に鷺巣詩朗と出会う。

84年、鷺巣詩朗の誘いで「BLEND」のツアーに誘われる。このユニットのメンバーは「アリス」の矢沢透、後に八神順子の夫となるジョン・スタンレー、そして鷺巣詩朗の3人。これを機にベースでの仕事を決意。サポートミュージシャン、スタジオワークが始まる。

86年、同じ事務所のアレンジャー小林信吾により、中原メイコ『こわれたピアノ/アルバムMOODS(86年)収録』でベースを弾く。88年、芳野藤丸のバンド「AB’S 4」のアルバムに長谷部徹、小島良喜と参加。活動の場を広げる。

 

『アイ・ラブ・ユー』(76年)

『アイ・ラブ・ユー』(76年)

『First Wave』(80年)

『First Wave』(80年)

『LADY I LOVE YOU SO』(84年)

『LADY I LOVE YOU SO』(84年)

 

『INTERCITY RENEGADE』(84年)

『INTERCITY RENEGADE』(84年)

『こわれたピアノ』(86年)

『こわれたピアノ』(86年)

『AB’S 4』(88年)

『AB’S 4』(88年)

95年からは「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のピアニスト塩谷哲の「SALT BAND」に参加。アルバムも数枚参加する。メンバーはドラムに沼沢尚、ギターは故 浅野祥之、パーカッションには大儀見元。02年にはライブアルバム 『LIVE LIVE LIVE』をこのメンバーでリリース。メンバーチェンジしながら、今でも活動を共にしている。

97年から06年にはスガシカオと「The Family Suger」に参加。07年には武道館でのライブDVD 『Shikao & The Family Suger〜FAN KEY PARADE 07〜in武道館』をリリース。メンバーは森俊之(kyb)、沼沢尚(dr)、間宮工(g)、大滝裕子、斉藤久美(cho)。

05年には「渡辺貞夫」のツアーにドラム石川雅治、ギター梶原順、キーボード小野塚晃、パーカッションはセネガルのンジャーセ・ニャンと共に参加する。

またこの頃になると、数々のアーティストのアルバムにも参加するようになる。

『LIVE LIVE LIVE』(02年)

『LIVE LIVE LIVE』(02年)

『Family Suger』(07年)

『Family Suger』(07年)

中島みゆき『短編集 (地上の星を収録)』(00年)

中島みゆき『短編集 (地上の星を収録)』(00年)

角松敏生

『INCARNATIO 』(02年)

『INCARNATIO 』(02年)

『Fankacoustics』(04年)

『Fankacoustics』(04年)

『Prayer』(06年)

『Prayer』(06年)

『Prayer Presents Ballad Collection』(07年)

『Prayer Presents Ballad Collection』(07年)

『NO TURNS』(09年)

『NO TURNS』(09年)

『Citylights Dandy』(10年)

『Citylights Dandy』(10年)

『REBIRTH 1〜re–make best〜』(12年)

『REBIRTH 1〜re–make best〜』(12年)

古内東子

『Dark Ocean』(00年)

『Dark Ocean』(00年)

『10 Stories』(02年)

『10 Stories』(02年)

『フツウのこと』(04年)

『フツウのこと』(04年)

シングライクトーキング

『Togetherness』(94年)

『Togetherness』(94年)

『Empowerment』(11年)

『Empowerment』(11年)

『Amusement Pocket at Budokan DVD』(96年)

『Amusement Pocket at Budokan DVD』(96年)

現在も自身がリーダーのバンド「C.C.KING」メンバーは森俊之(kyb) 田中義人(g) 玉田豊夢(dr)で活躍中。アルバム『C.C.KING』(12年)もリリース。
その他にも、メンバーを変えての「Super Salt Band」塩谷哲(kyb) 田中義人(g) 大儀見元(perc) 山木秀夫(dr) アルバム『Arrow of Time (13年)』を出す。
他にもヴォーカルはclassの岡崎公聡  ko (vo) 今剛(g) 小島良喜(kyb) 長谷川浩二(dr) susumu.k(g) とで、オフィシャルDVD『蜃気楼 / Brother!! 』(09年)をリリースしている。

サポートでは吉田拓郎;[武部聡(kyb) 鳥山雄二(g) 渡辺格(g) 故 宮田繁男(dr) カースケ河村智康(dr) ASA-CHANG(perc)]。 徳永英明;[渡嘉敷祐一(dr) 土方隆行(g) 坂本昌之(kyb)]。シングライクトーキング;[塩谷哲(kyb) 大儀見元(perc) 露崎春女(cho)] なども行っている。

『C.C.KING』(12年)

『C.C.KING』(12年)

『Arrow of Time』(13年)

『Arrow of Time』(13年)

『蜃気楼 / Brother!!』(09年)

『蜃気楼 / Brother!!』(09年)

最初にご自身が参加されたアルバムで、想い入れのあるものは何でしょうか? また若い人に聞いて貰いたいアルバムはありますか?

中原めいこ『MOODS 』(86年)ですね。僕が25才の時に録音したアルバムで、アレンジが小林信吾。これが想い入れのあるアルバムかな。他にも古内東子の『フツウのひと』(04年)も聞いて貰いたいアルバムですね。

当時の使用楽器をお聞かせ下さい。また今使用されている楽器についてもお聞かせ下さい。

最初に買ったのはGibsonの GRABBER (76年)。中学3年の頃『KISS』が流行っていたんで買いました(笑)。ピックアップがスライドするやつ。色は深いワインレッド。その後にフェンダー系もそろそろって事でまず、フェルナンデスのプレシジョン(サンバースト)を買いました。そのうち鷺巣さんの仕事をするようになった後の85~6年あたりで、66年のフェンダージャズベース(白/マッチングヘッド)を購入。これはかなり使いましたし、今でも使っています。今日持ってきたのはやはりチャック・レイニーってことなんで、今から4~5年前に買った66年のプレシジョン(白)も最近よく使っています。あとシングライクトーキングのツアーでは66年のムスタングベース(白)を使ってます(笑)。あと64年のジャズベース(サンバースト)も持っています。これは最近ピックアップが復活して来たので、使い初めています。

 

Gibson - GRABBER (76年)

Gibson – GRABBER (76年)

Fernandes - Precision Bass

Fernandes – Precision Bass

 Fender - Jazz Bass(66年)

Fender – Jazz Bass(66年)

 

Fender - Mustang Bass(66年)

Fender – Mustang Bass(66年)

Fender - Jazz Bass(64年)

Fender – Jazz Bass(64年)

Fender Precision Bass(白、66年)と松原氏

Fender Precision Bass(白、66年)と松原氏

 

白い楽器をたくさんお持ちですね。では次に、初めて聴いたチャック・レイニーの音が入ったアルバムは、どのアルバムでしょうか?

『Stroki’n』(78年)

『Stroki’n』(78年)

自分の認識ではRichard Teeの『Stroki’n 』(78年)だと思うんですよね。リチャード・ティーのファーストアルバムで、スティーブ・ガットとチャック・レイニーです。それを聞くまでは割とソリッドなマーカス・ミラーだったり、そう言うベースが主流だったんですが「え!なんだ このなんかゴムみたいなバウンスしているのは!」って思ったんです。このあとマリーナ・ショウを教えて貰ったりして、聞くんですけど。

その後、チャック・レイニー入っているアルバムを聴いていて、印象に残っているアルバムは何ですか?

その教えて貰ったMarlena Shaw『Who is This Bitch,Anyway』(74年)とか、Quincy Jones『Mellow Madness』(75年)のベース、大好きですねぇ。あとはスティーリー・ダンのアルバムですね。Steely Dan『The Royal Scam』(76年)。Marvin Gaye『I Want You』(76年)しかりですね。

『Who is This Bitch, Anyway』(74年)

『Who is This Bitch, Anyway』(74年)

『Mellow Madness』(75年)

『Mellow Madness』(75年)

『The Royal Scam』(76年)

『The Royal Scam』(76年)

『I Want You』(76年)

『I Want You』(76年)

その後、松原さんは、これらのアルバムを聴いた時、チャックさんの事をどのように思われましたか?

やっぱり僕が一番好きなとこは、音がバウンスする感じですよね。リズムが独特の感じで、、、まぁ〜あと、音が良いですよね。それに太い!!!(笑) バウンスって、、、跳ねるって言うか、ベターっとしていない感じ。あとフレーズが独特だったのにビックリしました。ハーモニックですよね。だから和音を多様したり、ダブルストップ(チャック・レイニーの有名なフレーズ。和音を用いた奏法)って事だったり。一番最初に2-5の進行でダブルストップの弾き方を周りの人に教えて貰った時、「何!このフレーズ!って思って、なんて格好良いんだって思った(笑)。

ではチャックさんに一言、お願いします。

これからもお身体を大事にして頂き、なるべく長くナイスなグルーヴを聞かせて頂きたいなぁと思います。健康あっての事なので、身体をくれぐれもお大事にして下さい。

最後にチャック・レイニーに向けて、メッセージをお願いします。

 


21 5月 2014